マジックアートリペア補修事例:数千万円のビンテージスピーカー補修

ビンテージスピーカー

昨日と一昨日のマジックアートリペアは、
スピーカーの補修で、大分県に行きました。

パラゴンというビンテージスピーカーで、所有者は、眼科の先生です。
非常に貴重なビンテージスピーカーで、製造時期によっても価値が変わってくるとのことでした。

1938年から1941年頃のものは数台しか無く、
どんどん価値が上がり数千万円もの値段になるとお聞きいたしました。
保険対応ということで、その部分の補修に丸々2日間かかりました。

私がリペアを教えた方々、九州の佐賀、熊本からも補助、見学にこられて、いい経験が出来たのではないかと思います。

ビンテージスピーカー
加賀原光太朗
7種類のリペア技法を駆使して5000件以上の実績を持つリペアの達人。クロス職人からリペア業界へ転身。現在は芸能人や大手建設会社など幅広い層の顧客を持ち、業界でもトップクラスのスキルを保有している。日々のリペア活動はこちらより。自らの手法確立後は厚生労働省認可企業として基金訓練を実施、教え子たちの多くがリペア技術を習得し自立。成功者を輩出している。リペア技術を学びたい方はこちらより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です